海の護衛サービス「ライフセーバー」

日本にも護衛サービスというものはたくさんあるようです。
では実際にどのような職業があるのか、その種類について、ここで詳しくみていこうと思います。

【ライフセーバー】

ライフセイヴァーズは、海水浴などでよく見る職業であり、その活動というのは水辺の災害防止のような活動および救助を行なう人です。
知っていましたか?
ライフセイバーにも、その年齢によって、ライフセーバーの呼び名というものが変わってくるようです。

それでは、実際になる方法というのを見ていきましょう!

■資格について

日本の救命協会は、ライフセーバーの資格を認可しました。

資格というのは年齢によるもので、15歳以上のライフセーバーというのを対象とする「ウォーターライフセーバー」と、その上に、年を取った18歳以上によるベーシックライフセーバー、またさらに上にアドバンスライフセーバーというものがあるように、その種類というのは分かれているようです。

協会が資格獲得のために実行する学校に参加し、その後に行われる試験に合格することが必要です。

ライフセーバーって聞くと、何かカッコいい印象がありますが、そのトレーニングというのは過酷なものであり、海の中って体力を奪われやすいので、結構大変な職業のようです。

海外旅行に同行させたい「通訳兼ボディーガード」海上保安官の仕事の資格と収入

運営管理者紹介

(C) 世界の危ない職業 All rights reserved.