海上保安官の仕事の資格と収入

一時期、日本映画で「海猿」という映画が公開されて話題になりましたね?

あの仕事って「海上保安官」の仕事だったと思います。

海上保安官と、海の治安をちょうど守る警官のような職業であり、全国公務員にあたるようです。
時々、それは巡視艇により、あるいは海難救助中の犯罪というのを取り締まるためにいるようです。

また、それは飛行機、ヘリコプターなどにより出動して、海で起きた犯罪あるいは海難救助というのを取り締まるようです。

この海上保安官になることの中のいくつかの方法というのをご紹介していこうと思います。

■資格および収入について

海技免許は得ることにより、また、採用試験も受けて合格することが条件です。
あるいは、それは全国公務員の試験に合格する事が挙げられます。

それが一般的であることが仮定されることは、海上保安学校に入学し、その後それを卒業します。
この方法は最短かもしれません。

海の安全性を保証する海上保安官の月収はといえば、それは平均して約400,000円とされてるようです。
さすが、全国公務員のお仕事ですね!
そこから考察するに、私が思うに年収は600〜800万ぐらいではないかと思っています。

とても高収入の仕事のようです。

海の護衛サービス「ライフセーバー」日本のボディーガードの収入

運営管理者紹介

(C) 世界の危ない職業 All rights reserved.