日本における防犯の弱さ

最近の事件のエピソードとしてはどのようなものがあるのか?

今回はそれについて、詳しく見ていこうと思います。

近年の状況として、暴力(家庭内暴力、DV)あるいはストーキング(ストーカー)といった行為というものが、最初の被害から発展して、結果的に最悪のケースになるというケースが多発している現状にあります。

例えば、以前女子大生のモデルが、整骨院の足のモデルとかの仕事を受けて、男の元へ一人で派遣されて、そのまま帰らぬ人になった…といった事件がありましたよね?

あれに関して言えるのは「事前に男の身元をキチンと把握していれば、このような最悪な事態にはならなかった…」と思いませんか?

しかしながら、いつになるかは誰がこれらの行為に関しては、対応というのを知りません。
しかし、ほとんどの人々は、それに前もって対処していません。

そのような損害が受けられる時、一致が誤解していれば、それは解決の方へ容易に進歩しません。
しかし、さらに物理的に、精神の非常に厳しい生活は継続します。
その場合への依存、最悪の事態、また、さらに死ぬ場合も考えられます。

こうした状況にある日本では、ボディーガードの認識というのもより一層強いものとなっている現状にあり、このような事件が無くならない限り、安心した生活は送れないと思います。

海外旅行に同行させたい「通訳兼ボディーガード」

運営管理者紹介

(C) 世界の危ない職業 All rights reserved.